プライバシーポリシー

  • Facebook

自己紹介 左右田悦子

1993年 オリエンタルランド株式会社に憧れ受けるが、面接で6年間バレー部のキャプテンとして貧血になりながらも続けた根気強さをアピールしたくて喋りまくった結果、貧血の酷さをアピールした形となり落ちる。諦めきれずアルバイトで入社。TDLで「ホスピタリティ精神」教育に感激する。

1994年 西麻布エクセル(現在はuka)美容室のヘアーショー出演をきっかけにモデルスカウトされ、ファッションモデルの仕事をスタート。
雑誌「ミセス」(文化出版局)専属モデルとして2年間育ててもらい、テレビCM、映画CM、雑誌、新聞広告、musicビデオ、ポスター、カレンダー、ショーなど様々な仕事を経験する。

 

1996年2月 結婚

 

1997年8月 長男を出産。モデルの仕事と育児の両立に悩みつつも自分の道を奔放する。

 

2002年4月 長女を出産。自宅での自然なお産を体験する。モデルの仕事を一度引退する。

 

2003年 夫が永福町にカフェをオープン。たくさんの人に育児を支えてもらいながら、夫の事業を手伝う。

 

2004年 一年で店を閉め、父兄弟の家業と長男の気管支炎喘息体質を治すために環境を変える決意。群馬へ移り住む

 

2005年 世話になった大好きな祖母が転倒し介護が必要になったことから、祖母の力になりたくて「ヘルパー2級」の資格を新生会で取得。介護の世界の奥深さに心打たれる。諦めていた第3子の妊娠発覚。つわりに耐えながらのおむつ交換実習や、訪問介護実習をやり抜く。

 

2006年1月 次男を出産。3人の育児と、夫の波乱万丈人生を全身全霊でサポートする幸せと苦しみの混迷の時期。人生初の専業主婦となる。

 

2010年 訪問介護の仕事をスタート。

 

2012年5月 モデル時代の親友を癌で亡くす。
 

2012年8月 ラフターヨガリーダー資格を東京都府中市にて取得。
 

2012年11月 高崎市にて「笑い魂」をスタート。

 

2013年 高崎市社会教育講師に任命される。数々のクラブが立ち上がり、セミナー、講座、講演会、様々な場所から依頼をいただくようになる。

 

2014年 ストレッチポールを使った骨盤底筋群トレーナーひめトレインストラクター資格を取得。
子供向けの体幹トレーナーキッズスペシャリスト資格を取得。財団法人日本コアコンディショニング協会

 

2015年 一般社団法人みんなの認知症予防ネットの立ち上げに協力し、理事就任。認知症予防の正しい理解やゲーム・体操の普及活動スタート。

 

2018年8月 ラフターヨガティーチャー資格を大阪心斎橋にて取得。受講者の数は2万人を超える。

 

2019年 高崎市人権教育講師に任命される。家から出られない状況の人にも、ラフターヨガや体幹トレーニングの知識や実践が必要であると考え、「オンライン笑いヨガセミナー」をスタート。
子供が安心安全心豊かに成長できる環境は、大人が笑って生き抜く環境であると考え、介護施設職員、美容業界、一般企業社員向けのメンタル&体づくりサポート事業に乗り出す。

 

2020年 モデル活動再開予定。モデル業界、芸能界の癌の多さや鬱病、パニック症の多さに、自身の経験から何か自分にできることがあると考え、新しい挑戦をする・・・予定。